霊感タロット占いのタロット21は、電話鑑定と対面鑑定で対応未来を探るタロットのすべて●タロット21

親身な対応のタロット21



恋愛結婚対人・相性仕事家庭問題命名学業・進学



結婚

結婚には、大きく分けて二パターンあります。 恋愛結婚 見合い結婚といずれにしろ人生にとって大きなターニングポイントであります。結婚は、その人によってそれぞれ運勢という見地から見た場合、たとえば、一生のうち一回、二回、或いはそれ以上と決められています、しかし、運命は、いくらでも変えて行く事が出来るはずです。運勢的に二回の結婚運を持った人が必ずやそうなるものでもありません。大切なのは合う波動を持った人と出会い、結婚する事が重要なのです。

具体的に言うと同じ価値観、また、自然に相手を受け入れる事が出来るパーセンテージが高ければ高い程、幸福な結婚生活が送れると思います。まずは、良縁な出会い、そのためにはどうすればよいのか、今現在の自分の運期すなわち、出会うべくして出会ったのか、現在から過去にさかのぼり、さらに将来に向け二人のバイオリズム曲線をリーディングする事により見えて来ます。

人の波動は、生まれた年、日、場所、育った環境、親から受け継いだもの、プラスαなど、それぞれが要因となってその人の基本的な波動は決定付けらます。しかし、重要な事はプラスα、すなわちその人自身の人生における後天的な要因が運勢において占める割合が大きいはずです。

結婚は、マウロ的な見地から見れば今まで述べた条件に類似性、共通性のある二人が出会う事もありえますが、ミクロ的なスケールで考えた場合、全く異なった条件によって構成された二人がある日突然出会い結婚するわけです。 従って当然、年月が経つ程、それぞれの波動のズレが出て来ます。

一般的には、勿論、例外はありますが、1,3,5,7,10年目がターニングポイントの時期であると考えられます。その時期に改めてお互いの立場になって客観的に波動のズレを修正し、お互い許容範囲のズレに留めておけば良いと思います。

恋愛の延長に結婚があるという考え方もあります、又結婚相手は、恋愛とは別の尺度で選ぶという人もいます、その点に関しては三者三様であると思います。 恋愛、失恋を繰り返し相手を見極めるセンスを養う事は大切です。しかし理屈では分析出来ない事も男女間には数多くあります、男女間はとかく感情という主観的なスケールで判断し対応しがちですが、結婚という一生の問題に関しては客観性も加味し、さらにプラスアルファ、すなわち運勢という観点から見極めて行く事も重要であると思います。

 


Copyright (c) 2004-2017 TAROT21

このホームページのいかなる情報も許可なく複製、転写、出版、販売、などの使用を禁じます。 KARMA TAROTとTHE RIDER TAROT DECHはU.S. GAMES SYSTEMS. INC.の登録商標です。

No part of this website may be reproduced in any form without the prior permission of TAROT21.KARMA TAROT and THE RIDER TAROT DECH are registered trademarks of U.S. GAMES SYSTEMS. INC.Music "IN THE GROOVE" was produced and arranged by MICK.

的確な解決策を見出す吉祥寺のタロット21