霊感タロット占いのタロット21は、電話鑑定と対面鑑定で対応未来を探るタロットのすべて●タロット21




タロットの歴史アルカナタロット理論カードスプレッド

 

タロット理論

タロット占いには、結果に至るまでの展開において、二種類のパターンがあります。

一つは、算命占星術、易学などにおける考え方、すなわち、天体現象を基本にして統計学的視点から結果を割り出して行く方法である。 マクロ的視点から見れば、タロット占いにもその考え方は当てはまると思います。[スプレッドにもよりますが][統計学的な部分は別にして]

たとえば、ヘキサグラムでは、過去、現在、未来と時間軸の流れに従って結果を導き出して行きます。すなわち、カードの配置が天体現象で、カードを開く瞬間が誕生の瞬間である、とする考え方です。つまり、そこには、ミクロ的宇宙観が形成されていると思われます。スケールの次元こそ異なるものの、基本的な原理としては他の占いと共通性を持っており、タロットとそれらを関連付けて考えても良い部分でもあると思われます。

また、マクロ的なスケールで考えた場合、そういった理念、理論は、あらゆる事、すなわち、宇宙における万物全てが天体現象により支配され、時間軸、空間軸に何らかの影響を与えられ、それぞれが相関関係を持って存在している、という事である。それは、不思議な事でもあり、タロットの世界観が持っている神秘性という意味において共通している部分でもあると思います。

タロット占いにおいて、もう一つは全くの偶然性により結果を導き出して行く展開方法である。たとえば、カードにより相手の気持ちをりーディングする場合など、これは言ってみれば、何の根拠もなく単なる偶然である、しかし、タロットの世界観においては、その偶然性に大きな意味を見出し、また、そういった理念によって体系付けられている。

すなわち、「偶然にして必然」という考え方である。極端な言い方をすれば、我々の日常生活で起こっている事全てが偶然であり、また、その積み重ねで時間が流れている、[科学的に解明出来る事は例外として]という考え方も、ある意味において一理あるのではないかと思います。

マクロ的には、宇宙のメカニズム、宇宙とそこに存在する万物との関連性など今だに科学的に根拠が解明されて無い事の方が多く、それらの事は偶然という定義付けによる事でしか説明出来ないのではないかとも思います。

こういった視点から考えた場合、突き詰めて考えて行くと、もちろん視点をどこに置くかによって、また、定義付けによって違いはあるが、結局は、ある意味において偶然性と必然性は同義ではないかとも考えられると思います。  

 


Copyright (c) 2004-2017 TAROT21

このホームページのいかなる情報も許可なく複製、転写、出版、販売、などの使用を禁じます。 KARMA TAROTとTHE RIDER TAROT DECHはU.S. GAMES SYSTEMS. INC.の登録商標です。

No part of this website may be reproduced in any form without the prior permission of TAROT21.KARMA TAROT and THE RIDER TAROT DECH are registered trademarks of U.S. GAMES SYSTEMS. INC.Music "IN THE GROOVE" was produced and arranged by MICK.

的確な解決策を見出す吉祥寺のタロット21